ロマゴン負ける!井上尚弥の試合はいつ?

プロボクシングの絶対王者で選手とのビッグマッチが2017年の大みそかにも実現するのでは?とボクシング界では話題になっていましたが、その相手のローマン・ゴンサレスことロマゴン選手がなんと負けてしまいました。

 

【スポンサーリンク】

負けた試合は2017年の3月18日に行われたボクシングのWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦で相手は元王者でWBO2位のシーサケット・ソールンビサイ選手です。

戦前は圧倒的にロマゴン選手が有利と言われていたのですが試合結果はまさかの0―2での判定負け。

ロマゴン選手はこれがアマチュアとプロを通じての初黒星となってしまいました…

プロフィール

ローマン・ゴンザレス選手はニカラグア出身で年齢は2017年現在で29歳とボクサーとしては脂の乗り切った年齢となっています。

これまでに世界4階級制覇を達成していてなんと日本のジムの帝拳ジム所属なんです。

 

【スポンサーリンク】

 

パウンドフォーパウンドランキング

パウンドフォーパウンドとは、ボクシングの階級を全部一緒にしたとして誰が一番強いのか?というのを比較したものです。

アメリカのボクシング雑誌の「リング」が独自にランキングを作っています。

実はその1位にロマゴン選手がランキングされています。

 

これまでの1位はあのボクシングのスーパースターであるフロイドメイウェザー選手でしたが、引退をしたのでその代わりにロマゴン選手が選出されたのです。

世界的にもかなりの評価を得ていることがわかります。

井上尚弥との統一戦はいつ?

スーパーフライ級で同じ階級であるWBO世界Sフライ級王者の井上尚弥選手とロマゴン選手はいつ戦うのか?ということが話題になっています。

「2017年の年末になるのでは?」と噂されていたのですが、今回のロマゴン選手の負けによって対戦は微妙となってしまいました。

 

井上尚弥選手は今後について、現在の階級であるスーパーフライ級でしばらくはやることを明言しているんですが…

はっきりいってロマゴン選手の動向次第で井上尚弥選手の今後のプランも決まるということになりそうです。

 

【スポンサーリンク】



この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ