天海祐希、病気から復帰し初公演!彼女を蝕んだ病魔とは…?気になる新作映画は?

 

女優の天海祐希さんが12日、

大阪で新作映画の記者会見を行いました。

 

 

【スポンサーリンク】

 

天海祐希プロフィール

 

c8aaa92b

 

本名:中野祐里(なかのゆり)

 

芸名:天海祐希(あまみゆうき)

 

生年月日:1967年8月8日

 

出身地:東京都台東区東上野

 

身長:171cm

 

血液型:O型

 

出身校:菊華高等学校(現・杉並学院高等学校)

     同校2年修了時に宝塚音楽学校に入学。

 

略歴:

台東区立西町小学校、台東区立御徒町中学校卒。

中学時代から演劇に親しみ、担任が宝塚ファンだったことを

きっかけに宝塚歌劇を志望する。

1985年に菊華高等学校(現・杉並学院高等学校)から

首席で宝塚音楽学校に入学。

1987年、73期生として宝塚歌劇団に入団。

ちなみにこのときは首席ではなく26番での入団だった。

同年1月に公開された雪組公演「宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら」で

新人としては異例の王子役で初舞台を踏む。

同年「ミー・アンド・マイガール」で初主演。

1991年には並居る男役の中から月組二番手男役スターとなった。

1993年に月組トップスターに就任。

演技力の高さと端正で華やかな顔立ちで、わずか7年でトップにのし上がった。

1995年に28歳で退団。ラスト公演は初主演作の「ミー・アンド・マイガール」

退団以降は女優として活動。

1997年にテレビドラマ「シングルス」で主演。

2001年に第52回NHK紅白歌合戦で審査員として参加。

2002年にはNHK大河ドラマ「利家とまつ」では佐々成政の妻にして、

まつの親友であるはる役を演じた。

2004年にフジ系ドラマ「離婚弁護士」に主演。

以降シリーズでも主演を務める。

2004年以降は単独主演作品が増え、

サスペンスドラマや時代劇など様々な役柄を演じ分ける。

2008年にジブリ映画「崖の上のポニョ」で

ポニョの母・グランマンマーレ役として吹き替えにも参加している。

趣味はニュース番組を見ること。

北海道日本ハムファイターズファン。

 


 

 

天海さんは2013年に軽い心筋梗塞で舞台「おのれナポレオン」を降板。

幸い命に別状はありませんでしたが、再発が多い病気のため

仕事を減らし、投薬などで治療に専念していた模様です。

また、降板が決まった「おのれナポレオン」は既に公演中で、

急きょ代役として宮沢りえさんが立てられたことが

何度も報道されましたね。

 

そんな天海さんが12日、今月9日に公開された映画「蒼の乱」の

舞台挨拶に登場。真っ赤なドレスに生脚という豪華ないでたちで、

復帰をアピールしました。

 

20150513-00000016-sph-000-3-view

 

【スポンサーリンク】

 

「蒼の乱」はもとは昨年2014年に公演された劇団新感線の同名の舞台。

劇団新感線3作目の舞台の映像化「ゲキ×シネ」シリーズです。

 

天海さんは優美で強かな女性・将門御前(劇中名・蒼真)を演じています。

 

20140121_474787

 

美しいですね…そしてその名を表すかのような青い衣装が素敵です。

 

30980955

 

「キャリアウーマン」系の作品を多く演じている天海さん、

コンサバ系の素敵な女性のイメージが強いですが、

こういう画像を見ると流石元タカラヅカトップスターですね。

 

20140104160905-271x300

 

ちなみに宝塚時代の画像はコチラ。

華やかな顔立ちが特徴的ですね。

 

舞台挨拶は9日の公開に合わせて主要都市で行われ、

9日にバルト9で行われた舞台挨拶では

「プレッシャーに押しつぶされそうにもなったが、一生の宝物が増えた。こんなにうれしいことはありません」

とコメントしました。

また前回公演が途中降板だったこともあり、

舞台挨拶を最後までできたことに喜びを感じたと話しています。

 

「元気ですので大丈夫です」とアピールした天海さん、

今後の復活が期待されますね。

 

ゲキ×シネ「蒼の乱」は東京・新宿バルト9や品川プリンスシネマ、

なんばブルク7などで公開中です。



この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ