セガサミーのCMに出ている魔女っ娘はいったい誰なの?

 

セガサミーの新CMに出ている女の子・芳根京子さんが

今後ブレーク間近?!と噂になっているのでまとめます。

 

prm1504260002-p2

 

【スポンサーリンク】

 

 

芳根京子プロフィール

 

 0002

 

本名:芳根京子(よしねきょうこ)

 

芸名:芳根京子(よしねきょうこ)

 

生年月日:1997年2月28日

 

出身地:東京都

 

身長:158cm

 

血液型:A型

 

出身校:非公開 ※都立高校、デビュー後に通信制に転部(転学)とも

 

略歴:

高校一年時にスカウトされ、2013年にデビュー。

フジ系ドラマ「ラスト♡シンデレラ」で大塚寧々演じる武内美樹の娘・咲役で出演。

同年に映画「物置のピアノ」に出演し、震災後、風評被害に苦しむ福島の桃農家の娘・宮本春香を好演。銀幕デビューとともに主演もつとめた。

2014年にはNHK連続テレビ小説「花子とアン」で宮本富士子役を演じた。

2015年には映画「幕が上がる」に出演。

次期公開作品では映画「向日葵の丘1983・夏」「先輩と彼女」に出演が内定している。

 


 

芳根京子さんはデビュー2年目の新人ながら、

主演映画をもつ実力派。

「花子とアン」では、仲間由紀恵さん演じる

宮本蓮子の長女・富士子役を演じました。

覚えている方も多いのではないでしょうか?

 

yoshinekyoko03

 

見た目も穏やかで育ちのいいお嬢さん、といった感じ。

そんな芳根さんが出演するセガサミーのCMは、なんと魔女っ子もの!

 

ecn15042511000001-p4

 

 

「エンタメの種」という魔法の種を蒔いてみんなを楽しませようと

一生懸命に頑張る魔女っ子を演じています。

劇中は「女の子と風船編」と「プロポーズ編」「ロングバージョン」の3つ。

 

どちらも頑張りが空周ってしまい失敗してしまいますが、

そんな姿も「守ってあげたい!」と思わせてしまう可愛らしさ。

ロングバージョンでは画面いっぱいの花が咲き乱れる演出が素敵です。必見ですよ!

 

o0480064012968061708

 

 

【スポンサーリンク】

 

こんなに可愛い芳根京子さん、もっとデビューは早くてもよかったのでは?と

思ってしまいますね。実はスカウト自体は中学生のころからされていたようです。

しかし芳根さんは芸能界に興味がなく、断る日々だったとか。

高校一年生の頃、上地雄輔さんのライブに行ったときに

再度会場でスカウトされ、これを受けてデビューしたんだとか。

 

学祭で演劇をする機会があって、それが楽しかったのが芸能界入りの理由なんだそうです。

なんだかほっこりするタイプですね。安心します。

 

現在は高校を卒業していますが、女優業に専念するため

大学には行かずに仕事をこなす日々だそうです。

 

ブレーク間近と目される芳根京子さんの今後に期待ですね。



この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ