大丈夫…?吉高由里子のツイッターがなんだかいつにもまして不穏…その理由は??

 

女優の吉高由里子さんのTwitterでの発言が

話題になっています。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

吉高由里子プロフィール

 

 

 

本名:非公開 *早瀬由里子(はやせゆりこ)という情報も

 

芸名:吉高由里子(よしたかゆりこ)

 

生年月日:1988年7月22日

 

出身地:東京都

 

身長:157cm

 

血液型:O型

 

出身校:堀越高等学校(都立深沢高校から転校)

 

略歴:

中学時代からモデル活動をしていた。

 高校1年生の時に原宿でスカウトされる。

 

本格的な芸能界デビューにあたり、都立高校から

芸能コースのある堀越高等学校に転校している。

 

2006年に映画「紀子の食卓」でデビュー。

 2008年に映画「蛇にピアス」にて初出演。

R-15作品でセンセーショナルな内容を演じ切り、一躍有名になる。

 

また第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

同年、大河ドラマ「篤姫」に於哲役で出演。

2009年にフジ系月9ドラマ「東京DOGS」でヒロイン役をつとめる。

 

2010年に日テレ系『美丘 -君がいた日々-』で連続ドラマ初主演。

2013年からフジ系ドラマ「ガリレオ」シリーズで岸谷美沙役を演じる。

 2014年にはNHK連続テレビ小説「花子とアン」で主人公花子役を演じた。

同年、第65回NHK紅白歌合戦で紅組司会を務めた。

 

CNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、

演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれたことがある。

 

 


 

 

吉高さんと言えば、昨年2014年に

NHK連続テレビ小説「花子とアン」で主演し、

また紅白歌合戦でも司会を務め一見充実した

1年を送ったであろう女優さんですね。

 

001

 

デビュー当時から「不思議系」で、少し危うげなところが魅力的です。

発言などもかなりエキセントリックなところがありますね。

整った顔立ちから突然放たれる言葉に、筆者も

驚いたことがしばしばです。

 

そんな吉高さんですが、今年に入ってから

Twitterで更に「不安になる」ツイートを連発しています。

1月6日にはクラゲやエイなどの海に住む生き物の写真とともに

 

「もう絡まっちゃって 離れなくなっちゃって 心地よくなっちゃって

ずっと一緒に浮いちゃったまま 死んじゃってもいいくらいだね」

 

とつぶやいています。

その後に「メンヘラ(精神疾患者、またはそれを装う人)じゃないからね」といった

コメントをしていますが、かなり不安になります。

 

 

【スポンサーリンク】

 

どうやら吉高さんの所属事務所アミューズで、

長年吉高さんを献身的に支えてきたマネージャーさんが

昨年いっぱいで退社してしまったことなど、

昨年の疲れも相まって燃え尽き症候群のようになっているのではないかと

言われています。

 

Twitterでも「由里子さん大丈夫ですか?」と

心配するファンなどのコメントが目立ちます。

相棒を失って、不安なのを想像すると

心配する気持ちもわかりますね。

 

一方で、もともと不安定で一見では理解できない発言が

多いのが吉高さんだというコメントも少なからずあります。

それも含めて魅力と前述しましたが、

本人はつらいのかもしれませんね。



この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ