「美人過ぎるバイオリニスト」として話題沸騰!宮本笑里ってどんな人なの?

 

FNS歌謡祭やミュージックフェアなど、

最近多くのミュージックシーンで

出演しているバイオリニスト・宮本笑里さんが

話題になっています。

 

 

【スポンサーリンク】

 

宮本笑里プロフィール

 

 ダウンロード

 

本名:宮本笑里(みやもとえり)

 

芸名:宮本笑里(みやもとえり)

 

生年月日:1983年12月7日

 

出身地:東京都

 

身長:158cm

 

血液型:O型

 

出身校: 桐朋学園大学音楽学部カレッジ・ディプロマコース

 

略歴:

元オーボエ奏者で現指揮者の宮本文昭の二女として生まれる。

父の仕事の関係で7歳までドイツで生活し、

帰国してまもなく、バイオリンを始める。

中学1年生のときに再びドイツに渡り、

14歳でドイツ学生音楽コンクールデュッセルドルフで1位入賞。

帰国後、東京音楽大学付属高等学校に入学。

2002年に東京音楽大学に進学。

2003年頃、桐朋学園大学カレッジ・ディプロマ・コースに編入学した。

2003年頃、女性クラシカルバンドVanilla Moodの結成に参加、

芸名をEmilee(エミリー)として活動。

2004年からNHK『お昼ですよ!ふれあいホール』にレギュラー出演し、

番組内でテーマ曲などを生演奏した。

2005年に学業と音楽活動への専念を理由に脱退。

同年、NHK・BS2「叙情歌大全集」に、

本名の「宮本笑里」名義で父の文昭との共演した。

2006目年、当時流行していた漫画「のだめカンタービレ」の

ドラマ化に際し、「のだめオーケストラ」のメンバーとなり脚光を浴びる。

2007年に、「passion cachée〜秘めた思い〜」(松本俊明作曲)を

収録したオムニバスCD「image6」を発売し、

同年7月、アルバム「smile」でCDデビュー。

2009年にナマザキナビスコ「コーンチップ」で単独出演。

2010年4月以降、日本テレビの『NEWS ZERO』に

カルチャーキャスターとして出演するようになる。

2012年から現在に至るまで、FNS歌謡祭などの音楽特番に

出演し、多くのミュージシャンとコラボした。

2013年に一般t男性と結婚し、2014年5月に女児を出産。

 


 

 

「のだめカンタービレ」で一時期話題になった

宮本さん、実は宮本文昭さんの娘さんだったんですね。

 

ダウンロード (1)

 

ちなみに音楽活動はお父様の勧めではなく、

自ら教室に通い始めたのだそうです。

 

7歳でバイオリンを始めるというのは

そういった世界では少し遅いのかなと思いましたが、

どうやら一般家庭でピアノやバレエを習う女の子と

同じような感覚だったのでしょうね。

 

cut3- 070

 

それにしても、お美しいですね。

バイオリニストの女性ってきれいな方が多いですが、

その中でも特段美しいという言葉が似合う方ですね。

 

 

【スポンサーリンク】

 

ちなみに20代前半であの小澤征爾さんの下でも

演奏をしていたそうで、他にもNHK交響楽団や

東京都交響楽団の定期公演、

宮崎国際音楽祭などに参加していたそうです。

 

現在は一児の母としての顔も持つ宮本さんですが、

先日もFNS歌謡祭でゴスペラーズなどとの

コラボレーションも見られ、音楽活動もしっかり

こなしている模様。

 

年末になると音楽特番が増えますから、

歌手さんだけでなくこういった奏者さんにも

注目してみてみると面白そうですね。



この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ