川口千里 天才女子高生ドラマーのテクニックがヤバイ!けいおん、叩いてみた

 

WS000052

 

世界に様々な映像や音楽を投稿することができる

SNS「YOUTUBE」にて、

とある日本の女子高生が世界的に話題になっています。

 

彼女の名前は川口千里

現役の女子高生でありながら

素晴らしいドラムテクニックを持った

「天才女子高生ドラマー」なのです。

 

【スポンサーリンク】

 

 川口千里プロフィール

 

本名:川口千里(かわぐちせんり)

 芸名:同上

 生年月日:1997年1月8日

 出身地:愛知県及び三重県四日市。

 身長:非公開

 血液型:非公開

 出身校:非公開

 略歴:

5歳からドラムを始め、

8歳からドラム界で「手数王」の

異名を持つ菅沼孝三に師事。

 

2006年に第9回ドラム・コンテストにて敢闘賞受賞。

2008年に日本テレビ系列「全力!Tunes」に出演し、

2009年に「Sound view」に出演するなどメディアでの登場が多くなる。

 

2010年に世界的なドラムサイト「ドラマーワールド」にて

世界のトップドラマー500人の1人に選ばれる。

 

2013年にファーストアルバム「A LA MODE」を発表。

 

WS000053

 

2014年に大高清美と女子ユニット「KIYO*SEN」を組み、

アルバム「Chocolate booster」を発表し、

東京、愛知、静岡などでツアーを敢行。

 

同年6月にセカンドアルバム「Buena Vista」を発表。

小柄な体格ながら力強いスティック捌きが特徴。

 

こういった若手ミュージシャンの多くは、

大抵が音楽一家の生まれであることが多いのですが、

川口さんはごく普通の家庭出身。

いわば、「どこにでもいる普通の女の子」でした。

 

そんな彼女とドラムの出会いは5歳の時、

機械好きの父親が買ってきたヤマハ製の電子ドラムが

きっかけだったそうです。

 

【スポンサーリンク】

 

そこからどんどんドラムにのめりこんでいき、

8歳でドラム界の巨頭・菅沼孝三さんの元に弟子入りしたそうです。

 

そして現在に至るまで学業の傍ら、

全国を周るドラム界の新星として輝いているのです。

 

多くの楽曲にドラムとして参加しており、

2013~4年に放映された「列車戦隊トッキュウジャー」の主題歌において

ドラムとしても関わっています。

 

そんな川口さんですが、冒頭にもあったように「YOUTUBE」に

所謂「叩いてみた」動画を投稿していた時期がありました。

 

中学生の頃、当時流行していたTBS系列アニメ「けいおん!」の

挿入歌などを制服姿でドラムカバーした動画が今でも

YOUTUBEなどで見ることができます。

 

 

経験していないとなかなか馴染みのない「ドラム」という

ポジションですが、これを機に視聴してみてはいかがでしょうか?



この記事を読んだ方はこの記事も読まれています

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ